忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/13 (Sat)

貴方は苦しんでいた
私が貴方を押し倒しその上に馬乗りになっていたから
貴方は叫んだ
「どうしてこんなことを」
私は言った
「私を愛してると言って」
貴方は困ったように視線を横にずらした
それが許せない私はまた貴方を強く締め上げる
貴方はもっと苦しみに顔をゆがませる
「それは出来ない」
なのにどうしてそんなに意固地になるの?
たった一言
「私を愛していると言えばいいのよ」
そう言って更に貴方の首を絞めた
貴方は手を空に伸ばした
私の腕に爪を立て
苦痛に耐えた表情を繰り返した


いくら待っても貴方は言ってはくれない
貴方の上に乗り全体重をかけ
貴方の首を絞めて絞めて締め上げる



貴方の腕が音を立てて落ちた、
「私を愛していると言って」
それでも私の尋問は止まらない


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]