忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/09/14 (Wed)

僕はある日墓の下から這いあがり
愛を求めて彷徨い歩いた
いくら探しても見つからないそれは
僕には決して手に入らないものだった

僕の心臓はあなたに取り上げられ
僕の血はあなたに全て抜き取られた
用済みの心臓はぐちゃりと踏み潰され
それでもあなたを求めて小刻みに震えていた

僕はあなたに乱暴に埋められた
それでもあなたを忘れられない
この想いの果ては一体どこにあるのだろうか
もしかしたらそれを手に入れたくて
僕はずっと彷徨っているのだろうか


僕は愛を求めるゾンビだ
あなたは何も知らないで笑っている
僕の頬は朽ち涙が流れ出た
それでもあなたは僕を見てくれはしない
これがこの物語の結末か
全てを悟って僕は息絶えた


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]