忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/10 (Wed)

私を失った彼の叫びが
まるで此処まで聴こえてくるよう
そんな筈ないのに
私の鼓膜を揺らして止まないのだ




ほんの少しの間違いから
私は一瞬にして命を落とした
消えた魂は天に昇り
私は白い楽園へと住処を変えた
居心地は悪くなかった
彼がいないことすら
簡単に脳裏からも消えていった







そんな事を彼は知らない
彼は何も知らない
血まみれの私の肉体に縋りつき泣いている
醜い私を抱いて泣いている
彼の叫び声は私の身体を揺らした
涙は流れ彼を濡らしていった


彼の叫び声は幻ではない
この場所に来てまで聴こえるのだ
私の名を叫ぶその声が
天まで届き

私の心を突き刺し壊す





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]