忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/12 (Fri)

息吐く間もなく眩暈が襲う
揺れる心臓の音
僕は生きている


頭を抱えた
痩せたこの手は誰も守ることが出来ないまま
きっと朽ちて逝くのだろう
誰にも知られずひっそりと
その事実は残酷な歴史として残るのだろうか?
それとも
何も無かったことにして闇に消えるのが正しい運命か







それでも僕はまだ生きている
放っておいて腐ることもないこの肉体
恨めしいほどに生きたいと願うこの身体
眩暈が襲って倒れこんだ
それでもこの口は言うのだ
言い続けるのだ


食べ物が欲しい
僕はまだ生きていたいと

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]