忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/10 (Wed)

私居なくなるから、と
家に帰るように君は空に還った
僕は止めることも追いかけることも縋ることもしないまま
声が涸れるまで叫んでいる

握りしめて離さないと誓ったはずの手は
粉々に折られ千切れてしまった
それでも僕は君を守りたかった
君は曖昧な笑みで返した
本当は僕に守られたくなかったのだろう?
こんなにも僕を壊して
貶して
痛めつけて
簡単に消えてしまうことが出来る君だったから







そんな君なのに僕は忘れることも消し去ることも出来ない
無くなった腕を伸ばし居ない君を求め
潰れた喉で今もなお叫び続ける







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]