忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/16 (Tue)

倒れ込んだ君
僕は必死に抱えた
君は力なく空を見た

失いたくない
急いで
無くならないよう
誰にもとられたくないから



横たわった君を抱きしめた
手を握り締めた
優しく唇を撫で
君の顔を見つめた









理性があったのは其処まで

その後は
愛していた君の残骸を
獣のように貪るだけの
血まみれになった僕

泣きすぎて目が開かない
立てすぎた爪は折れて剥がれた
僕は叫んでいた
叫びながら
君の臓物を片っ端から食べ尽くしていた


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]