忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/17 (Wed)

本棚に囲まれたこの部屋
無機質な背表紙ばかり
その真ん中に僕は立っている
静かに
ずっと立ち尽くしている


目だけを動かす
探しているのだ
この本だらけの部屋の中から
君と僕だけのお話
あの時の思い出を
微かに感じるのだ
この場所のどこかに
僕たちの時間は残されているのだと







早く見つけたい
君はもうすぐ消えてしまうのだから
早くしないと
君はもう消えてしまうのだから
なのに動けない
いっそのこと本棚を全部倒してバラバラにしてしまえば
すぐにでも見つかりそうなのに


見つけることができない
理解してしまったのだ
表情の無い本の群れ
その中に
本物のお話は存在しないことを
僕たちのあの時だって
きっと嘘だらけで綴られているということを


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]