忍者ブログ
ひとつの夜に落ちる雨は、温くて何処か優しい。そして残酷。
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33
[PR]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/16 (Tue)

君が息絶えた
僕の目の前で
僕に遺言も愛も何も残さないまま
消えていった



僕は簡単にはその事実を受け入れられないから
部屋の奥から鋸を持ってきて
君を切り刻むことに決めた
大きいままじゃ目立つ君の肉体も
小さくしたら仕舞っておける
何より持ち歩いてずっと傍に居られると
そう思ったから






君の首の根元に刃を振り下ろした
流れて溢れる血は僕の足を汚す
構わず君の頬を撫でた
(ごめんね、痛いのは少しで終わるよ)
猟奇的な優しさとも呼べる行為が続く
腕を切り落とし、手首を切断し、
腹部は強く強く力を入れて二つに別けた
胸はそぎ落とし、ズボンのポケットに入れた
大腿部を叩き折り、ふくらはぎを優しく切り、
足の指はひとつひとつ千切った






君の顔だけはそのままで
(終わったよ、これでもう大丈夫)
何が大丈夫だったのだろう?
残ったのは君じゃなく
バラバラになった死体と狂気の血に塗れた僕


小さくなった君をひとつずつ身につけた
たとえバラバラになった死体でも猟奇的殺人犯でも
この肉と肉体は
君と僕以外の何物でも無いことを僕は知っているから






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ■ HOME ■  >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
プロフィール
HN:
一夜
性別:
非公開
自己紹介:
夢を見忘れた大人が
始りから終りまでやるせない言葉を吐き出します。

それでもその中から
静かな気持ちを感じ取ってくだされば。
嬉しいです。
ランキング
小説・詩 詩ランキング
***
カテゴリー
最新記事
(09/18)
*
(09/17)
*
(09/13)
*
(08/09)
*
(08/07)
最新コメント
[07/24 一夜]
[07/23 うさこ]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]